コンセプト

たねまきめぶきは、こども達が10年後の自分を想像するためのきっかけづくりをしたいと考えています。
大学教授や研究者の皆様のお力を借りて、こんな世界があるんだ、こんな考えって面白い、これって本当はこうなんだ、という発見や気づき、さらにはこんな研究をやってみたい、こんな学問を学んでみたい、こんな世界になるといいな、など新しい興味や希望が得られることをめざしています。

◆大学教授や研究員が講師である理由◆
教科書や図鑑に載っていることでも、こども達がすでに知っている内容でも、専門の先生方が説明するとなぜかもっとリアルに、もっと魅力的に聞こえます。理由は簡単、今、それをだれよりもおもしろいと思っていて、楽しみ方を知っているのはその先生だからです。
なんで学校で勉強をするの?この科目はなにが面白いの?大人ってなんでも知っているの?大学って何をするところなの?そんなこどもの素直な疑問の答えは、先生方とコミュニケーションをとるとすぐに感じ取ることが出来るはずです。先生がいる大学に進学したい、と考えるようになるかもしれません。

◆年間プログラムである理由◆
ときには宇宙の話を聞き、ときには法律の話でディスカッションをするなど、継続的にまったく違う世界に触れることで、多様な価値観や多面的な考え方を身につけるきっかけになります。こどもや保護者の皆様自身が興味ある分野だけでなく、たくさんの分野の学びを各個人で用意するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

◆オンラインである理由◆
日本全国に様々な大学や博物館などの学べる施設があり、それぞれで小学生向けのイベントも用意されています。実際に、見て触れられますし、現地へ行くのが一番魅力的ですが、一方でそこまで足を運ぶことが難しい場合も多いのではないでしょうか。好きなことならまだ機会を設けられても、今まだ知らない世界がたくさんあるこども達に知るきっかけを与えることは簡単ではありません。オンラインの場合は、各地にわざわざ行かなくても先生に会うことができます。まずはその興味の入り口を知るきっかけとして、オンラインで楽しんでみてほしいのです。日本国内にとどまらず海外の先生と交流することもしていますが、これは、オンラインだからこそ実現するのです。

◆こどもが楽しくなる工夫◆
オンライン授業を集中して受け続けることは、大変なことです。
たねまきめぶきでは、長いお話をできるだけ避け、こどもたちと先生がコミュニケーションをとることを中心に進めます。発言が苦手なお子様も、1年間ほとんど同じメンバーなので安心感があります。

◆◆プログラムを企画することになった背景◆◆
私、宮原聖子は長崎大学水産学部を選んで入学し、卒業しております。
好きで選んだはずの道でしたが、浅はかな私は社会人になってからのビジョンを持たずに大学生になり、あっという間に卒業か大学院への進学かというタイミングになってしまいました。あまりに何も考えていなかったので大学院へ進む決心もつかず、まったく無関係の業界で就職いたしました。ちょうど就職氷河期で、就職先をそれほど選べる立場でもなかったこともあります。残念ながら、それまでの学びは中断を余儀なくされました。

ただその後、新たに、仕事のなかで大学生や主婦のアルバイト指導などを通じ人材育成の面白さに気が付きます。結局、社内研修やOJT、品質管理など様々な角度から、10年近く社会人の教育に携わってきました。
約10年、試行錯誤しながら、研修・個別指導・面談など様々な方法でスキルアップをしていただくようサポートしてきましたが、どうしても超えられない壁がありました。それは、仕事に必要な知識や表面的なスキルは学習してもらえますが、視野の広さ、思考力、柔軟性、忍耐力など、昨今「非認知能力」として認識が広まっている能力は、社会人への教育ではどうすることもできないということでした。大人になってしまった方を相手に、なかなかそこを伸ばす手立てが見つかりませんでした。

並行して、出産を経験し、ワーキングマザーとして育児を始めるのですが、預けた保育園での教育姿勢に疑問を持つようになりました。その結果、退職を決め、専業主婦として育児に専念することにいたしました。現在、7歳と1歳の息子2人の母です。社会人への教育とは違い、こどもの吸収力のすごさに驚かされる日々で、この時期にできるだけ多くの刺激を与えてあげることは非常に大きな効果があると感じます。

上記の流れがあり、こどもの教育事業へ次第に関心が高まり、たねまきめぶきの企画着想へと至ります。自身の反省も込めて、自分の人生をしっかり設計できるこどもが一人でも増えるように何かできないかと考えてのことです。

従いまして、たねまきめぶきでは知識の習得を目的としておらず、真剣に生きている多くの大人に出会い、コミュニケーションをとり、自分で感じて考えることを繰り返したいと思っております。
大人もワクワクするような、実験・体験を通して、世界の広さや面白さを感じ、そして社会の明るい未来を担うこども達に色んな種をまきましょう。

タイトルとURLをコピーしました