コンセプト

 ”たねまきめぶき” は、こども達が10年後の自分を想像するためのお手伝いをします。
大学教授や研究者の皆様のお力を借りて、こんな世界があるんだ、こんな考えって面白い、これって本当はこうなんだ、という発見や気づき、さらにはこんな研究をやってみたい、こんな学問を学んでみたい、こんな世界になるといいな、など新しい興味や希望が得られることをめざしています。

◆大学教授や研究員が講師である理由
教科書や図鑑に載っていることでも、こども達がすでに知っている内容でも、大学の先生方が説明するとなぜかもっとリアルに、もっと魅力的に聞こえます。理由は簡単、今、それをだれよりもおもしろいと思っているのはその先生だからです。
なんで学校で勉強をするの?この科目はなにが面白いの?大人ってなんでも知っているの?大学って何をするところなの?そんなこどもの素直な疑問の答えは、先生方とコミュニケーションをとるとすぐに感じ取ることが出来るはずです。

◆年間プログラムである理由
一人の先生から一つの話を聞くだけではなく、ときには宇宙の話を聞き、ときには法律の話でディスカッションをするなど、継続的にまったく違う世界に触れることで、多様な価値観や多面的な考え方を身につけるきっかけになります。

◆オンラインである理由
日本全国に様々な大学があり、それぞれで小学生向けのイベントも用意されています。実際に、見て触れて非常に魅力的ですが、一方でそこまで足を運ぶことが難しい場合も多いのではないでしょうか。「触れる」ことはさすがにオンラインではできませんが、“たねまきめぶき”では年間を通して様々な大学の先生にお会いすることが出来ます。これは、オンラインだからこそ実現するのです。

◆こどもが楽しくなる工夫
オンライン授業を集中して受け続けることは、大変なことです。
たねまきめぶきでは、長いお話をできるだけ避け、こどもたちと先生がコミュニケーションをとることを中心に進めます。発言が苦手なお子様も、1年間ほとんど同じメンバーなので安心感があります。

大人もワクワクするような、実験・体験を通して、世界の広さや面白さを感じ、そして社会の明るい未来を担うこども達に色んな種をまきましょう。

今後のワークショップ予定はこちら。
お申し込みご希望の方は、まずコース内容をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました